ネットワークジビネス売上げランキング

ランキングチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークビジネス(MLM)はスピリチュアル好きがターゲットに?波動の関係性について解説!

MLMの小ネタ
MLMの小ネタ

ネットワークビジネス(MLM)に取り組む人の中には
スピリチュアルに興味がある人も少なくありません

実際のところ、
「波動」や「引き寄せ」といった法則というのは
切っても切り離せない関連があるでしょう

今回は
ネットワークビジネス(MLM)はスピリチュアル好きがターゲットに?波動の関係性について解説!

ということで、
その「波動」について考えてみます

波動が低い状態とは

逆に波動が低い状態っていうのは
罪悪感を持っていたり、自己否定をしている状態をいいます

ネットワークビジネス(MLM)に取り組む人の中には
「私は波動がなかなか上がりません」ということをいう人もいます

  • なかなか知り合いに紹介する勇気がない
  • 友だちに断られてしまった
  • アポを取るような相手がもういない

このような悩みは
ネットワークビジネス(MLM)においては
多くの人が経験する壁ではないでしょうか

当然、普通の人であれば
取り組みに対して、良い結果が伴わないと

次第に「元気」という状態では
なくなっても無理はありません

もう、
「ビジネスの勧誘はしたくない」と思うこともあるでしょう

そうなってくると
「波動が低い」という状態になっていくわけです

とはいえ、
状態は、人それぞれに差はあります

どこまで深刻にとらえるかにもよりますが

  • 好きなことをしても感情が前よりない気がする
  • ちゃんと寝れても疲れてしまう

このような人は
ネットワークビジネス(MLM)以外にも
影響が出てきているということになります

エネルギーをもらいやすい体質でもある人かもしれません

疲れやすいとか、
気分が悪い、
体調が悪い、

常に、
どこか具合が悪くなったりということもあります

このような場合は、
本当にどこか悪くなる前に
改善が必要でしょう

 

波動が高い状態とは

ひと言でいうと
すべてのことに対して 「OK」 が出せている状態です

どんなことが起こっても感謝できている状態です

前向きだったり、
ポジティブだったり、
感謝しているっていう状態が

「波動が高い状態」というふうに言われています

良い結果が出ているときは
自己肯定できると思いますが

そうでもないときに
いかに自己否定すると

高い波動がキープできないものです

 

波動の誤解

ここであまり宜しくないのは
波動が高いと良いけど、波動が低いとダメ。
っていうジャッジをしてしまうことです

だから
波動が高い自分は自分として認めていても
波動が低い自分っていうのは駄目だってしてるわけです

この波動が低い
私はダメだっていうのは「自己否定」となってしまいます

波動を高めようとするあまり、
逆に「自己否定」っていうのは

この感情の段階の中でも、
波動の高さの中でも、

「一番下に近いところ」といえます

上げようとするあまり
逆に一番下まで下がっちゃってるっていうのは
すごく逆効果な状態となっているわけです

 

波動との向き合い方

では、
どうしたらよいのかというと

波動が低い自分も、高い自分も

「どっちでもいいじゃん」ってすることです

少々、
雑に聞こえるかもしれませんが
かなり重要なポイントだと考えます

波動が低い状態がダメだ。っていう風に
思い込んでいる状態の人は

波動が低い状態をどうやって
「良い状態」だと思えばいいか?

ということが必要になります

低い波動の対処法

波動が低い状態っていうのは
なかなか活発に動けません

特に、
ネットワークビジネス(MLM)では
口コミなどによる勧誘活動を伴うので

「人と関わる」ことが必要です

低い波動のときに
無理をすることは、

人間関係に少なくない影響を与えかねません

新しいことを始めるエネルギーとか、
人と会うエネルギーだったりとか、

あまり活力や勇気が湧いてこないことを
素直に受け入れていくことも必要かもしれません

特に、

  • 好きなことをしていても感情があまりない
  • しっかり寝ても疲れてしまいます

というような状態であれば
ネットワークビジネス(MLM)が
他の部分にも影響してしまっていますので

冷静に対応していきましょう

この状態の人は
たしかに、低い波動の状態ではあるのですが

それを「悪いこと」って判断しているわけです

感情とは、
天気のように動いて当たり前のものです

おそらく、
感情の浮き沈みのない人っていうのは
いないのではないでしょうか

だから
下がるのは当たり前で、
「波動が高いよね」あの人。って言われている人が

常に、
最も波動が高い状態なのかといったら、
そういうわけでもありません

おそらく、
下がっているときに下がっても、すぐに戻る人です

下がっているときに、すぐ戻るは
どうしたらいいかっていうことなんですけど

カンタンにいうと
「落ち込んでてもいいじゃん」
って思えることです

心からに言い聞かせる!とかじゃなくて

こんなに頑張ったから
「こんなに下がっちゃって疲れたんだね。」って

「そろそろ、休もうかな」
「お疲れさま」って

自分に言ってあげる事ができる人です

 

前向きにいろんなことができない、
行動力が落ちる。っていう事は

「休め」ってう状態なんだと
思うようにしてみてください

休め。と言うお知らせをキャッチして
自分の内面や体から「休んでよ」っていう声に
素直に従っている自分に「すごいじゃん」って思って欲しいのです

 

まとめ

下がってる時っていうのは、
大きく2つのパターンがあります

  • がんばりすぎて疲れているとき
  • ガマンしすぎたとき

ガンバって、ガンバって、
何かをしたから疲れてる。

なにかストレスを感じるようなことを
ずっとガマンしてきた。

こういったときには

「もう充電てください。チャージがありません。」

といったような状態がやってきます

そして、

  • これからすごく忙しくなります
  • これから活躍していきます

というサインを受け取り、
いつもより多めにチャージする必要がある状態を向かえます

この多めにチャージしとかなきゃいけないからこそ

動いてほしくないのに、
「この人ほっといたら動いちゃうんだよね」って
いうようになってしまうことで

「ちょっと気分を落ち込ませててもじっとしててもらおう。」という感じで
しっかりと波動を下がるときがあります

ですから、
宇宙視点で見たら
疲れて動けない時っていうのは
別に悪い状態でもなんでもないのです

「波動が低い時もあるよね」といった感じで
受け入れてみてください

ずっと波動が低いことがお悩みということであれば
自己否定してる自分に対して疲れてる状態といえます

波動が低いというのは、
チャージしている期間として
必要な時を向かえているのです

特に、自己否定の癖がある人の場合は

波動を上げることを頑張るよりも
自分の自己否定を止めて、
どんな自分もいいよねって思うようにしてみてください

  • 頑張ったね
  • お疲れさま
  • かわいいね

など、など、
自身をねぎらうような言葉で
状況は変わっていくはずです

しかし、
これをやってもすぐに変わらない場合もあります

なぜかというと
「それはまだチャージが完了してません」ということです

すごくガンバってきたからか、
すごくこれから忙しくなるから、

もうちょっとチャージが必要なんだよって
言われていると受け入れていきましょう

必要であるから上がらないのです

決して波動が上がらないことを
「悪い」と思わないでください

その意識を持てば必ず波動は上がっていくと思いますので

長い目で見て焦らずに、

「そんな自分でもいいよね」
「今、必要だからね」っていう

メッセージが来てるんだなっていうことです

そこで自己否定をすると
寝ても寝ても疲れるというような状態にもなります

ですから、
寝てる自分も責めないで
素直に従っていってください