MENU

この記事を書いている人


CHIAKI


平成を乗り越えた元転勤族     

職業:ITワーカー&MLMブロガー  

趣味:独泉・料理・ひとりカフェなど

ネットワークビジネス(MLM)の権利収入に「引き寄せの法則」はあるのか?具体的なやり方を徹底解説!

ネットワークビジネス(MLM)に取り組む人におきましても
「引き寄せの法則」というのを聞いたり、
学んだりしたことがある人がおられると思います

あぁ・・・
またそれ系ね・・・

なんて思う方もいるかもしれませんが
けっこう具体的に、ロジカル的なこともいってますので
ぜひ読んでみてください

とはいえ、
今回は「引き寄せの法則」についてのご紹介ではありません

ネットワークビジネス(MLM)との関連性などを
取り上げてお話したいと思います

ちょっと長い記事ですが、
「引き寄せの法則」は知ってるけど
なかなか引き寄せられないっ!て人や、

ネットワークビジネス(MLM)でも
「引き寄せの法則」を活用したいという人は
ぜひ最後まで読んでみてください

目次

引き寄せの法則とは

まず、「引き寄せの法則」については
ここでは細かく紹介しません

ブログやyoutubeなどで
「引き寄せの法則」を紹介している人は
かなりたくさんいますので

いろいろ見てみて
ご自身にしっくりくる人のコンテンツを
しっかりとチェックすることをおススメします

代表的なものとして
映画になりますが「ザ・シークレット」は、
「引き寄せの法則」のブームの火付け役といわれていますので
一度、チェックしてみても良いかもしれません

興味のある方はご覧になってみてください

潜在意識へのアクセス

「引き寄せの法則」を知った人は

実際に「夢」を潜在意識に
インストールするといったことに
トライした人も少なくないと思います

その方法として、まずは
「ノートに実現したい願望を書きまくる」ことで
潜在意識を書き換えるということが一般的でしょう

例として、

「ネットワークビジネス(MLM)の権利収入で、毎月100万円稼ぐ!」
「ネットワークビジネス(MLM)で、100人のグループを作る!」

といったことを、
毎朝起きた時や、夜寝る前に
ノートなどに書くなどです

また、
その書き方を工夫して
「いつまでに」という期限を設けたり

それを達成したとして
どのような感情を得たいのかといった
詳細に、鮮明に、イメージすると
いった手法も有名となっています

とはいえ、

書いている人が、
気に入っている書き方
しっくりくる書き方などは

人それぞれありますので
ハッキリとした、正解はないといったところです

「叶い方」の違い

そもそも
「引き寄せの法則」を
信じてない人もいるかもしれませんが

いったい何が違うのか?
ってことをお話していきたいと思います

この違いを知ると、知らないのでは
かなり大きな違いが生じます

やはり、仕組みを理解することは
「引き寄せの法則」の
本質を深く理解するためには
必要な要素になってきます

自分のものとして、
日常に活かしやすくなりますので
ぜひ最後まで読んで頂きたいと思います

「叶う」か「叶わない」か

何年も、何年も、、、

書いても、書いても、、、

なかなか全然叶わない

何回か書いたら
すぐ叶うようなこともあれば、

そもそも書いてもないのに
サクッと唐突に叶う場合もあります

どれも何かしらの
「引き寄せの法則」が発動した。
ということで解釈していくことが必要です

どうゆうことかといいますと、

「頑張って」お金を稼がなきゃいけない
「頑張って」たくさんの人を紹介しないといけない

といった思考であれば、
それは潜在意識に届きます

ところが
「頑張らなくても、努力しなくても、入ってくるものがお金だよ」
「頑張らなくても、努力しなくても、メンバーさんは現れるよ」

と、いった具合に書き換えたらどうでしょうか?

いきなり、臨時収入があった!
とつぜん、断られていた人がメンバーに!

なんてこともあります

ようするに、

まったく書かずに叶うといった「タイムラグ」なしのときもあれば
何年も書きまくっても叶わない「タイムラグ」もあります

ということです

 

「引き寄せの法則」が発動しない理由

「引き寄せの法則」がなかなか発動しない理由、
書いても書いても、なかなか現実化しない理由は
いくつかありますが、
今回はわかりやすい2つをご紹介します

ベストタイミングがある

まず、「タイムラグ」について
理解していただきたいと思います

例として、

幸せな結婚を「今すぐ」したいと思っても
今すぐ結婚することがあなたにとっての幸せではない

と、
潜在意識からの目線では、そう見られていたとしたら

すぐに結婚相手と出会わせて、すぐ結婚っていうのが
その人にとっての幸せな結婚に結びつかないと潜在意識が判断しているので、

結婚したいと望んでるのに、
結婚相手は現れないということになります

ネットワークビジネス(MLM)でも同様です

今のあなたにメンバーができることや、
権利収入が発生することが

あなたの人生において
幸福な結果にならないと、潜在意識が思っている結果です

ゴールの設定

ふつうに人間的な思考で考えれば
「願ったらすぐに叶う方が良い」と思うかもしれません

私たちの
潜在意識が深く望んでいることは何か?というとを考えると

「幸せ」になるためにそれを叶えたいわけです

「不幸」になるために
願望を叶えたいと望んで
ノートに書いたりする人はいないと思うのです

例にあげました「結婚」でいうと
現状よりも幸せになりたいから
結婚したいのだと思います

しかし、
まだまだその段階ではないと
潜在意識が判断しているので

結婚に向けてのStepがあって、
まだ恋愛経験が必要なのかもしれませんし
生活環境や、仕事など、
それぞれのStepをクリアしている途ということです

ネットワークビジネス(MLM)であれば
「お金」になってくると思います

ネットワークビジネス(MLM)の
権利収入があれば「幸せ」必要なお金と思えるから
権利収入が欲しいと思うわけですし

ダウンメンバーが増えて、
ネットワークビジネス(MLM)が
仕事として充実していることで「幸せ」と思えば
メンバーが欲しいとなります

どんな結果が欲しいのかというのは
あなたの未来に大きく影響します

潜在意識の目線を理解する

潜在意識は想像以上に賢いです
常に思った通りのオーダーを叶えてくれます

ネットワークビジネス(MLM)で、月収30万円の権利収入が欲しい!

と、オーダーしたら

ちゃんと、
「今じゃないんだよ」と教えてくれるているわけです

「タイムラグ」を用意してくれて
それに向けての経験をさせてくれます

それが叶うのが、
半年後か、5年後か、10年後かはわかりません

しかしその「タイムラグ」は必要だということです

むしろ「タイムラグ」があるからこそ、
今すぐ叶うことで発生するトラブルや
その奥深いところにあるリスクを回避してくれています

だから
「タイムラグ」はネガティブにとらえなくて良いのです

潜在意識へのアクセスが弱いとか
望むチカラが弱いとか、

または、
ノートの書き方が悪いとか
最近は書かなくなってきたからダメなんだとか

そういったことで
悩む必要は一切ありません。

「すでに叶っている」過程の中にいる。

と解釈していった方が、理に叶っていることになります

「すでに叶っている」からこそ
「タイムラグ」が発生しているわけです

ちゃんと「願望」として潜在意識に
届いているから「タイムラグ」を感じているのです

タイムラグの使い方

大前提としてですが

それを叶えるのが
「超カンタンだ」と思っているか
「すっごい難しそう」だと思っているかによっても

このタイムラグは変わってきます

例として
「コーヒーを飲みたい」とします

これって、そんなに難しいことではないと思うのです

なにかの理由があって、今はムリだとしても
「タイムラグ」さえあれば、ほとんどの人が実現可能でしょう

家にいえば、
一般的なインスタントコーヒーであれば、
淹れることは難しくないでしょうし

外出中であれば、
コンビニでも淹れたてのコーヒーが
手持ちの小銭で購入可能な時代です

たとえば、
健康的な理由で、どうしても無理な方とか

極端な話ですが
戦争中で戦火に巻き込まれている方とかであれば

コーヒーを飲むということは
すごく難しいことかもしれません

しかし
この日本の現代社会で、
コーヒーを手に入れることが難しいという人は少ないはずです

少なくても
このブログを読んでくれている人は

スマホや、パソコンを利用しているわけですし
何かしらのネット環境もあるはずで

1杯のコーヒーが入手できないということは
まずないでしょう

コーヒーは飲まないという人もいるかもしれませんが
「水」とか「お茶」とかで考えてみてください

つまり、
何が言いたいかというと

普通に生活している中で
コーヒーを飲むといったことは

「今は飲めない」という状況があったとしても、
「飲めない」という概念がないわけです

ようは、
コーヒーに対する「ブロック」がないということです

細かいことを考えることもなく
当たり前なこととして「叶えられる」という概念でいます

これは1つの例ですけど

「恋愛」でも同じようなことがいえます

人生で一度も恋愛経験のない人であれば
恋愛はむずかしいことかもしれませんし、

「すぐにナンパされる」と思っているような人とでは
かなり速度が違うと思います
それは「タイムラグ」となって現れます

「お金」であれば
特別に頭のいい人じゃないと、
たくさん稼ぐようなことはできない

と思っている人と、

お金を得る手段は無限にあって、
だれにでもお金は稼げると思っている人とでは
「タイムラグ」は同じではないでしょう

未来は思い方次第

そういった
ある種の「思い込み」というのは
育ってきた環境であったり
与えられてきた環境にもよると思います

わたしは
これば「運」でもあると思っています

たまたま
裕福な家庭に生まれていれば
何もせずにお金が十分あったかもしれませんし

貧困な家庭であれば
懸命に働いてもお金がなかったのかもしれません

たまたま
すごくモテた人もいるかもしれませんし、
モテるために、努力した人もいるでしょう

しかし
どちらにせよ、過去のことは過去のこととして
「未来を創る」という権利は全員にあると思います

稼ぐことが「すごく難しい」と思ってる人であっても
「超カンタン」だと意識を変えることはできます

大事なのは
「これは難しいな・・・」という思い込みが
タイムラグを発生させていることに関して
どう感じているかです

叶えるのはすごく難しい
奇跡みたいなことだと思って過ごすのか、

それとも
コーヒーを飲むような感覚になれるかどうか。で、

「タイムラグ」は変わってくるのです

ノートに書く意味

この思い込みを変えるために
「タイムラグ」を短縮する方法として
「ノートに書く」という手法があります

「なかなか叶えられない」と感じているか
「ふつうに叶いそう」と感じているのか

チェックするために書いてみても良いのかもしれません

そして、
「これは難しい・・・」って思い込んでいたと

気付くことができたら
その部分を書き換えていけば良いかと思います

もちろん、
ノートに書くということも
「どうせ続かない」と思うのも
「意味を理解したからやれそう」と思うのも

自由ですし、任意です

また、思い込み方は変更可能です

潜在意識の書き換え方

そのやり方は
いろいろありますが

写経のように書きまくるということも1つの方法です

これは、比較的「単純な人」に有効です

あまり細かい理屈とか、仕組みは気にしない人には
ぜひやってみて欲しいです

逆に、いろいろ仕組みや理論的なことを
明らかにしてくれないと信じれないという人は
この方法では、あまり効果が得られないかもしれません

あんまり、現状からは遠い目標や願望を書きまくっても
違和感を強く感じる人は意味がないかもしれません

そうゆう人には
「そんなバカなことないよね」ってどこかで思ってしまうことで
その感情が現実としてやってきます

そういった人は、
過去の成功体験を思い出してください

ぜんぜん小さな成功体験で良いです

と、いうと

「まともに稼いだことないです」とか
「時給でしか給料もらったことないです」とか
そうゆうことを言う方もいます

しかし、
生きてきた中で働かずに
お金を手にしたことはあるはずです

例えば
会社であれば、あなたが直接関与していない成果でも
部署でもらった報奨金であるとか、

なんなら
幼少期にもらったお年玉とかでもいいです

あなたが直接成果をあげた結果でなくてもいいですし、

まったく頑張ってもないのに、お金をもらった経験や

現金じゃなくても
なにかのポイントや、商品券のようなものでもいいです

それも難しいという場合には
現金ではない野菜とか果物とかでもいいです

働いたという対価ではなく、
なんかもらっちゃってラッキーだったということに
フォーカスして欲しいのです

極端な話、野菜や果物であっても
本来であれば手に入れるには「お金」が必要なわけです

間接的にでも、
お金をもらっていたと考えてみてください

お年玉であれば、
新年を迎えたということで、毎年もらっていたとか

何もしていないという状態で
得られたお金が、あなたの人生にもあるということです

現状では、
なにもせずに「お金」をもらうことが難しくて
それは「とんでもなく難しい」と感じていることでも
あなたは既に経験済みという事実があります

あの豊かさを受け取るということを
経験しているのにもかかわらず

「難しい」と思い込んでいるだけであって

あなたの人生経験上、
決して無理なことではなかったのです

ですから、
単なるカン違いであった。と、認めることは可能です

これが
「ブロック」をはずすということになり
潜在意識を書き換えるということになります

経験してたことを忘れてしまってただけ。

これまで
そこに焦点をあててこなかったということを認め

この先の未来は
その豊かさを思い出し

「受け取ったことがあるし、またできる」って設定にしていきましょう

昔やってたみたいに。とか
あの時みたいに。といった感じで

これからやっていけばいいんだ!っていう感じで書き換えていくんです

ネットワークビジネス(MLM)では


ネットワークビジネス(MLM)での
具体的なことを話しますと

アップラインから、スピルオーバーが1回でもあった
勧誘はしていないのに、仲のいいママ友がいきなり商品を購入してくれた

これは、
あなたの努力に関係なく実績になった
わかりやすい例ですが

どちらも
直接「お金」になってきます

こういったことも
「受け取っていい」こととして
しっかりと認めてあげてください

わたしがやったわけではないから・・・
わたしのチカラじゃないから・・・

といった
考え方は必要ではありません

あなたの有効実績として、
しっかりと喜んでいきましょう

まだ、
そこまでの実績がやって来ていない人でも

良いアップラインに出会えた
活発に活動しているグループに入れた
良いセミナーに出会えた
オンラインセミナーで出会えた人と仲良くなった

など、

これらは間接的かもしれませんが
あなたの成功にとってはプラスに働くものです

結果的にお金につながることだと思うので
お金に換算できてしまうものは
間接的であっても、しっかりと受け取ってください

お金であっても、
物であっても、
時間であっても、

実は結構もらっているということに
気付いていくことで「豊かさ」は加速しますし

願望が現実化している過程にいることを
実感できてくることと思います

ネットワークビジネス(MLM)以外でも同じことです

例えば、
「恋愛」であるなら

恋愛に無縁であったとして、
「人に愛される人間ではないんです」

というようなことを言う人であったとしても

本当に
両親からも、一切愛されていませんでしたか?
あなたのことを友達としてくれた人は、1人もいませんでしたか?

もしいなければ、
あなたのことを好きな親戚の子供だったり、
なんなら実家にいた愛犬だったり、

あなたは、
一切の「愛」を受け取ったことはありませんか?

あなたの過去で一瞬でも愛された部分に、フォーカスしてみてください

ブロックなしでも愛された経験をしていることを思い出して
現実でそれを体験していたことを認めてください

忘れちゃってたから、
勝手にブロックができてしまってるだけと
気付くことができると

イッキにハードルが下がります

「とんでもなく難しいこと」から、
「今の延長線上に願望が実現化される未来がある」と
理解できると叶うようになります

まとめ

「タイムラグ」があることも必要なプロセスです

  • 自分でハードルを高くしてた
  • ブロックを作ってしまってる
  • 難しいものにしてしまってる

ということに気付いていく時間です

「タイムラグ」は
ベストなタイミングがまだだってことで
ジタバタしても意味がありません

しかし
ある程度は、意図的に短縮することが可能です

  • なんで現実化しないんだろう・・・
  • 思いが弱いんじゃないか・・・
  • ノートの書き方が悪いのか・・・
  • アファメーションが・・・

こういったネガティブな思考は
まったく必要ありません

結局は、
自分を責めてしまうことにつながり
「タイムラグ」は延長されるだけです

願望が現実化しないからといって
自分を責めたりしないでください

とはいえ、

現状からはかけ離れた大きな「夢」を
ムリにイッキに叶えるような
ミラクルは期待してはいけません

現実をしっかりとみつめてみてください

あなたの過去には
どんな有効実績があったかにフォーカスし

現実的にブロックを外し「タイムラグ」を短縮した方が
安心して「タイムラグ」を過ごせるのではないでしょうか

ネットワークビジネス(MLM)においても
「引き寄せの法則」というは充分有効だと思います

もちろん、
どんな気持ちで何を望むか?が大事です
というか、それが1番重要です

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MLM30年のノウハウを今に活かすMLMブロガー

平成を乗り越えた元転勤族

家事・育児・たまにエンジニア

趣味:アニメ好き・独泉・料理

目次